2008年08月10日

投与29週間・経過報告

抗がん剤投与を始めて29週間が経ち再度受診してきました

今日は胃ろうチューブ部分の消毒と血液検査をしてきました
チューブの差込口が2日ほど前から赤く腫れ始めてしまって
ローラも凄く気になるようで舐め様とするんですが
エプロンに阻まれ…今朝はチューブの方を下にしてたせいで
少し擦れてしまってて、更に痛いたしい事に…
獣医さんで洗浄&消毒をしてもらいました、塗るタイプの
消毒用軟膏も貰ってきました

血液検査の結果…抗癌剤を2週間止めて上がったはずの
血小板数が過去最低の62まで下がってました
先週は3桁あったのに半分です…
獣医さんも今回も3桁数値があったら抗癌剤を使おうと
思っていたそうですが無理となりました

血小板低下の考えられる要因は、2つ
長い間、与えてた抗癌剤の影響が1次的に出る
1番考えたくないのが、骨髄まで癌が転移してる事。
ココまで来ると末期レベル5…もう手の施し様がない…
来週、数値が上がってくれる事を祈るばかりです

ニックネーム ながれ at 17:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする