2008年08月29日

何使ってますか?

DSC02732.JPG DSC02738.JPG
連日晴れ残暑が厳しい毎日が続いてますね
ローラも暑い中、かなり頑張ってますよ犬(笑)
DSC02736.JPG
本当に何処が悪いの?と思えてしますほどです…

昨夜は凄い雷豪雨雨ドシャ降りの中、ローラを玄関へ移動
檻ではあの量の雨は避けきれないし雷も凄くて雷地響きしたもん
そんな所にローラだけじゃ可哀想だしね
DSC02760.JPG
でもウチの玄関いっぱいですあせあせ(飛び散る汗)マジで靴の置き場が無いふらふら

すっかり寝たきりのローラ、これでは抱っこ紐も付けれない
ので、とうとう老犬介護用運搬補助マットを購入犬(笑)
DSC02724.JPG

質問ですが、皆さんはペット用トイレシーツはどこのメーカーを
使っていらっしゃいますか?あとサイズとか…
今まで外で飼ってたから必要なかったんですもん
大きいと凄い量のオシッコをするので安いのじゃダメなんでもうやだ〜(悲しい顔)
全然吸い切れないもの顔(え〜ん)皆さんはどうしてますか?
メーカーも種類も機能性も多様で選ぶのを困ってます
御助言のほど宜しくお願いします良かったら教えて下さい

ニックネーム ながれ at 22:37| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

投与31週間・経過報告 …悲しくて。

抗がん剤投与を始めて31週間が経ちました

今週は獣医さんに行かないていい週なのです
ってより、これ以上、処置方法がないので様子を見がてら
2週おきになったって言うのが本当です
血小板数が最低になってしまい抗癌剤が使えない今
ローラに使える薬は無いんです…血液検査をして進行を見るだけ

血液数値は悪いのですが、近頃のローラは元気です!食欲も旺盛
口からは食べれませんが、流動食を持って行くと匂うから
ズリ寄って来るんです、本当は口から食べさせてあげたい…
でも無理…ローラも口寂しくてしょうがないみたいです
食事中はず〜っと敷いてあるシーツを舐めて紛らわしてます


何より悲しい出来事が…愛猫のクリリンが腎不全の為、天国へ
まさかローラより先に逝くなんて夢にも思わなくてショック…
盆前から体調を崩して9日間入院してたんですが
最後の手段を使っても良くならず、これ以上、治療を続けても
無意味と言うことで自宅療養に…退院2日後の出来事でした。
私の人生の半分以上を共に過ごして来ただけに悲しくて堪らない
18年間、最後まで頑張ってくれました…ゆっくりお休み。
DSC02480.JPG
ニックネーム ながれ at 00:50| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

投与30週間・経過報告

抗がん剤投与を始めて30週間が経ち再度受診してきました

今日血液検査をした結果…血小板数が過去最低39
前回の半分…これ以上下がると危険、でも手の付けようがない
先生ははっきり言わなかったけど、たぶん骨髄にまで癌が転移
入り込んでしまったんだと思う…末期のレベル5
1ヶ月も抗癌剤投与してないし、抑えようが無いのが現状。
こんな状況の中、良かった事もありました
喉に出来ていた左右のシコリが激小になったんです!!!
これで気管を圧迫しての呼吸障害になることはなくなりました

胃ろうチューブを着けて食事をちゃんとしているせいなのか
見た目ではローラの調子は良いようです
ウンコもオシッコも良く出るし、少し体を起こしてる時間も
長くなってる気がします
何が起きてもおかしくないんだけど、最後まで頑張るぞ!

ニックネーム ながれ at 23:50| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

投与29週間・経過報告

抗がん剤投与を始めて29週間が経ち再度受診してきました

今日は胃ろうチューブ部分の消毒と血液検査をしてきました
チューブの差込口が2日ほど前から赤く腫れ始めてしまって
ローラも凄く気になるようで舐め様とするんですが
エプロンに阻まれ…今朝はチューブの方を下にしてたせいで
少し擦れてしまってて、更に痛いたしい事に…
獣医さんで洗浄&消毒をしてもらいました、塗るタイプの
消毒用軟膏も貰ってきました

血液検査の結果…抗癌剤を2週間止めて上がったはずの
血小板数が過去最低の62まで下がってました
先週は3桁あったのに半分です…
獣医さんも今回も3桁数値があったら抗癌剤を使おうと
思っていたそうですが無理となりました

血小板低下の考えられる要因は、2つ
長い間、与えてた抗癌剤の影響が1次的に出る
1番考えたくないのが、骨髄まで癌が転移してる事。
ココまで来ると末期レベル5…もう手の施し様がない…
来週、数値が上がってくれる事を祈るばかりです
ニックネーム ながれ at 17:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

術後…流動食

『胃ろうチューブ留置』処置後のローラです犬(泣)
DSC02636.JPG DSC02639.JPG
母、手作りのタオル腹巻をしています
DSC02642.JPG DSC02643.JPG
やっぱり暑くてクタクタ…入院中はエアコン効いた部屋で
ダラダラしてたから、よけいに暑さは堪えるかもね犬(泣)

DSC02645.JPG
ん〜わかるかなぁ、下の足が倍くらいむくんでるのが…
入院中に再度調べてくれたのか右足は「粉砕骨折」だそうです
癌が右足に転移して骨を溶かし始め、結果的に厳しい現状に…
シーツ変えたりする際に動かすと痛むから結構大変なんですふらふら

そして『胃ろうチューブ留置』とはこういうものです
DSC02646.JPG
かなり痛々しい感じです、この部分を保護するの難しくてふらふら
DSC02647.JPG DSC02649.JPG
これが、ローラのご飯です。缶詰とかミキサーでペースト状にし
注射注射器でも注入しやすいようにお湯などでドロドロにします
何度も注射器に詰め替えては流しこむ…地道ですが確実な方法です

タオル腹巻はすぐにずれてしまうので、エプロンを改造して
金太郎みたいな感じにしようかと思ってますTシャツ

ニックネーム ながれ at 23:55| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

手術、そして術後

29日に「胃ろうチューブ留置」の手術を受けました

病名は『巨大食道・食道憩室」
食道が大きくなり途中で脹れて部屋が出来てしまうんです
本当なら胃に流れ込む処を塞き止めてしまうんです
いくら食べても胃に入らないので消化もされず吐き出してしまう
先天性だったり老化だったり、原因は色々あるようですが
ローラは癌による影響が多きいのではないかと言われました

手術時間は20〜30分ほどで済むと聞きました
でも全身麻酔だったので、万が一を心配しましたが
体の外から胃に直接チューブを通す…メッチャ怖いです
でもこれをしなければ何も食べれず衰弱していくばかり…
食欲はあったので少しでも楽になればと踏み切りました

退院に合わせてローラの寝床を新しくしました
通気性&クッション性を考えて、1番下に人工芝を引き詰めて
床ずれ防止にブレスエアーというクッション材を敷いて 
その上に、私のお下がりの夏用綿パットを掛けてみたよ
私がここで寝たいくらいなのに、ローラはクッションが嫌いな様子
病院でも低反発マットからズリ落ちてたらしいし…困った
せっかく高価な素材を買ったのに!!!
マットから出ないように周りを囲もうかと検討中

チューブが出てる所は母の手作りタオル腹巻でガードしたけど
食事食べ初めて元気になった分、良く動くからずれちゃうの
基本、歩腹前進だから、あと気になってなめようとするし
は〜っ大変です。どうしたらカバーできるのか?
朝晩の食事は流動食…今は病院で買ったペースト状の缶詰を
注入しています、薬も細かく粉末にして混ぜ込んでます
おかげで下痢が改善されてきました

ニックネーム ながれ at 23:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする